· 

「東海環状線 西回りルート」関広見IC~山県IC間が開通しました。

私たちの会社、山秀は、品揃え、知識、実績、歴史の面から

「世界のナイフショールーム」を謳わせていただいておりますが

 

こと、立地については悲しいかな「世界に近い」と言えないかもしれません。

 

「岐阜県関市ってどこにあるんだろう?」と思われている方も

とても多いという現実もありますし…

 

そんな立地面に課題を抱える私たちの期待の一つが

「東海環状自動車道」でして、全線開通が待ち望まれています。

 

その一部区間が2020年3月20日に開通となりましたので

ブログでレポートしたいと思います。

 

東海環状自動車道は山の中

東海環状道は対面交通区間も多いです。
東海環状道は対面交通区間も多いです。

今回開通したのは、東海環状自動車道の一部区間

西回りルートの関広見ICから山県(やまがた)IC間です。

 

距離にして9㎞、そのうちにトンネルが5か所もあるという

山の中を走る道路です。

 

9㎞の中にトンネルが5か所
9㎞の中にトンネルが5か所

関広見IC〜山県ICの区間にあるトンネルは5つ

・広見トンネル:206m

・三輪大洞トンネル:204m

・三輪小洞トンネル:153m

・三輪トンネル1,324m

・北野トンネル:602m

・岐阜山県トンネル:1,117

 

の5つのトンネルがあります。

 

区間内トンネル延長は3,606m

9㎞の区間のうち40%がトンネルですから

区間内トンネル率日本一なのでは?と思ってしまうくらいです。

三輪大洞トンネル
三輪大洞トンネル

この区間に限らず、東海環状道の土岐ジャンクションから北側の区間は

本当にトンネルが多いです。

 

トンネル好きにはたまらない道路ですね。

ナイフと同様に、マニアックなファンがたくさんいそうです(笑)

三輪パーキングエリアは岐阜ファミリーパークと直結

観光客の利用が増えそうな岐阜三輪PA
観光客の利用が増えそうな岐阜三輪PA

そして、東海環状道、関広見ICから山県IC間で

一番の目玉といえば岐阜ファミリーパークに直結している

岐阜三輪パーキングエリア。

 

岐阜ファミリーパークは、合渡(ごうど)山を囲むように、

大型遊具のある公園、野球場、テニスコート、体育館、

岐阜市少年自然の家もある自然の中の大きなレジャーエリアです。

関広見ICから山県ICは走ってみれば、あっという間

今回開通した区間、走ってみればあっという間ですが

多くのトンネルあり、武儀川(むぎがわ)に架かる橋もあり

工事はさぞかし大変だったと思います。

工事にご尽力いただいた皆様に感謝しつつ、安全に使いたいと思います。

将来的には三重方面からのアクセスに期待です。

おかげさまで山秀のナイフショールームには三重方面や

関西方面からのお客様もお見えくださいます。

 

現状ですと、いったん名古屋まで向かい、

そこから北上するルートが一般的ですが

東海環状道が養老まで開通すれば、

渋滞などを避けてスムーズに関までお越しいただくことが可能です。

 

実際は、今回開通した山県インターから

大野神戸(おおのごうど)インターの区間が開通すれば

養老と関が一本でつながります。

 

ネクスコのサイトによると開通は2024年との事ですから

あとほんの数年です。

NEXCO中日本のサイトから東海環状道マップ

東海環状道2024年の開通区間「大野神戸~山県」に期待
東海環状道2024年の開通区間「大野神戸~山県」に期待

東海環状道が全開通すれば、山秀もさらに世界が近くなります!

世界のナイフショールーム山秀は関広見ICから車で10分

国内最大級のナイフショールームは

岐阜県関市にあります。

 

ぜひ、東海環状道を使って世界のナイフと出会ってくださいね。