長良川おんぱく2021 美山杉のお箸づくり」と「季節の玉手箱」料理参加レポート

3月14日(日)長良川おんぱくの主催する

「美山杉のお箸づくり」と「季節の玉手箱」料理に参加してきました。

※画像は、長良川おんぱくの募集サイトより転載

美山杉のお箸づくりと「季節の玉手箱」料理
美山杉のお箸づくりと「季節の玉手箱」料理

 

今回のプログラムは、美山杉をナイフで削って「マイ箸」を作り

自分で作った箸で美味しいお料理をいただくという楽しみな内容。

ナイフ専門店の山秀にピッタリのプログラム!という事で

スタッフのエミちゃんと、わたし西村でナイフを使って箸作りを体験してきました。

案内人の方はこのお二人

 

 


マイ箸づくり担当はNPO法人グリーンウッドワーク協会の小野敦さん

NPO法人グリーンウッドワーク協会 小野敦
NPO法人グリーンウッドワーク協会 小野敦

森から伐ったばかりの生木を削って小物や家具をつくるグリーンウッドワークを広める活動をしています。


「季節の玉手箱」料理担当はアトリエキッチンりんりん 辰野恭子さん

アトリエキッチンりんりん 辰野恭子
アトリエキッチンりんりん 辰野恭子

山県市谷合にオープンした手づくり料理の店。

人気は彩り豊かな「季節の玉手箱」。

抗生剤不使用の鶏肉を使用した味噌カツや、天然だしをきかせた甘い玉子焼、祝島ひじきの惣菜などいろんな味が楽しめます。



まずはマイ箸づくりにチャレンジ

刃物屋の社長西村、ナイフの扱いに苦戦中?
刃物屋の社長西村、ナイフの扱いに苦戦中?

今回は山県(やまがた)の美山杉を半分にするところから

ナイフ1本で箸を削り出していきます。

真っ直ぐ目の通った杉はお箸の素材に適していて

材自体も柔らかい杉は加工もしやすくマイ箸づくりにはピッタリ!

とは言え、コツが必要ですから、作っている本人は必死です。

エミちゃんの作業する姿はナカナカ様になってるかな?
エミちゃんの作業する姿はナカナカ様になってるかな?

お天気にも恵まれ、屋外で参加者は黙々と箸を削っていきます。

時間内に作れるかドキドキしながら、なんとかお昼のランチには間に合いました。

そして、お待ちかね自分の手作りお箸でりんりんさんの美味しい「季節の玉手箱」ランチ!

 

りんりんさんの彩り豊かな「季節の玉手箱」弁当
りんりんさんの彩り豊かな「季節の玉手箱」弁当

玉手箱の名前の通り、いろんなお料理がつまった豪華なお弁当。

 

実際に自分で作った箸で食べてみると、箸の左右に差があったり

「もう少し先が細いと食べやすいね~」という気づきもあったり

改めて箸一善にも「技」が必要だという事を実感。

 

そして、そんな感想を参加した皆さんとお話ししながら

マイ箸で食べるランチはとっても美味しかったです。

 

グリーンウッドワークはまりそうです。

今回のマイ箸づくりに使ったのはモーラナイフという種類のナイフ

山秀はナイフ専門店ですから、当然モーラナイフの取り扱いをしていますが

わたしも実際に使ってみたのはたぶん初めて。

やっぱりクラフトには専用のナイフがベストですね!

山秀にもモーラナイフたくさん入れてもらうことにします(笑)

次回はスプーン作りにチャレンジしてきます!!

「カレーの美味しいカフェで Myスプーンづくり」

美濃市駅前カフェ灯家(岐阜県美濃市2951-1)

https://nagaragawa.onpaku.asia/programs/5f35eb95421aa977b10000e3