アウトドアで食材を切るのに適したナイフは?【山秀Youtubeチャンネル】

食材を切る場合「グラインド」のタイプが重要です。

ナイフ初心者の方は

「グラインドって何?」って思われるかもしれませんね。

 

ナイフのグラインドとは

ザックリ言えば「ナイフの刃の形状」です。

キャンプなどのアウトドアシーンで

食材を切る場合には、このグラインドの違いで

 

切れ味、切りやすさに違いが出てきます。

 

今回のYoutube動画では

タイプの異なるグラインドのナイフで

食材をカットしてそれぞれの特徴を紹介しています。

 

ナイフのグラインド(刃の形状の種類)
ナイフのグラインド(刃の形状の種類)

【ホローグラインド】

ボーカー02GL683 エルクハンター

【フルフラットグラインド】

ジョーカーCO120-P ブッシュクラフター

【セイバー(フラット)グラインド】

ベンチメイド162ブッシュクラフター

【スカンジグラインド】

リアルスチール3725 ブッシュクラフト3

【コンベックスグラインド】(ハマグリ刃)

ブラックボアM

山秀Youtubeで実践!食材カットに適したナイフはどれ?

食材カットの実践結果

セイバー(フラット)グラインド:ベンチメイド162ブッシュクラフター

「予想以上に切りやすい」

★★★

ホローグラインド:ボーカー02GL683 エルクハンター

「刃が薄い割には切りにくい」

★★☆☆

フルフラットグラインド:ジョーカーCO120-P ブッシュクラフター

「予想通りの切れ味」

★★★★

スカンジグラインド:リアルスチール3725 ブッシュクラフト3

「食材カットには向かない」

☆☆

コンベックスグラインド(ハマグリ刃):ブラックボアM

「刃の厚みがある割に切りやすい」

★★

実際にアウトドアシーンで食材をカットしてみると

以上のような結果となりました。

 

 

今回の発見としては

 

刃が薄いことで切りやすいと思われていた

ホローグラインドのボーカー02GL683 エルクハンターは

「意外と切りにくい」

・まっすぐ切れずに、刃が外にぶれてしまう

・不安定

 

刃が厚く切りにくいと思われていた

セイバー(フラット)グラインドのベンチメイド162ブッシュクラフターは

「切りやすい」

・真っ直ぐ切れる

・重みで切れる

・安定している

 

料理に向いているとされる

フルフラットグラインドのジョーカーCO120-P ブッシュクラフターは

・予想通りの切れ味

・安定している

 

スカンジグラインドのリアルスチール3725 ブッシュクラフト3は

・食材カットには向かない

・抵抗がある

・力を入れないと切りにくい

 

このように具体的な感想を持つことができました。

やはり比べてみる事は大事ですね。

ナイフ専門店のYoutube動画は続々と追加予定!

世界のナイフショールーム山秀では

今後も皆様のお役に立てる専門店ならではの動画を続々追加予定です。

ぜひあなたのアウトドアライフとナイフライフにお役立てくださいね。

チャンネル登録お待ちしています!

↓↓↓