SmileLife(スマイルライフ)スタジオ第1回目のイベント

「夫45%:妻55%」「夫23%:妻77%」って何の数字?

「夫45%:妻55%」「夫23%:妻77%」って何の数字?

 

SmileLife(スマイルライフ)スタジオの記念すべき第1回目のイベントは

こんな数字からスタートしました。

何の数字かおわかりですか?

 

これは

 

A)夫から見た夫婦で家事を行っている割合→「夫45%:妻55%」

 

B)妻から見た夫婦で家事を行っている割合→「夫23%:妻77%」

 

という家事の負担に対する意識調査の結果なんです。

いかがですか?

 

夫婦間でここまで家事負担に対する意識の差があるんです。

 

ズバリ!

夫は自分の家事負担を過剰評価している(笑)という事ですね。

 

でも、今回のお茶会イベントでは

それを「悪」として攻める事が目的ではなく

お互いの歩み寄りのお手伝いになればと思い開催しました。

 

そこで、うってつけの講師としてご登壇いただいたのが

 

関美濃めぐみパブテスト協会の牧師さん

 

西村恭兵先生です。

パートナーとの家事負担どうしてる?

関美濃めぐみパブテスト協会の牧師 西村恭兵先生
関美濃めぐみパブテスト協会の牧師 西村恭兵先生

西村さんは、教会の牧師さんで奥様とは国際結婚

そしてお子さんは7人いらっしゃると聞けば

奥様の家事負担は相当なものでは???と思ってしまいますが

 

パートナーとの関係性はもちろん

子どもたちとの意識共有

ふだんのチョットした声掛けのコツなど

 

ご本人の環境ならではの家事分担や日常生活の工夫と

一般的な家庭でも取り入れられる

「国際結婚から気づいたパートナーとの関係性」について

お話いただきました。

夫婦・家族の関係性について話がはずみます
夫婦・家族の関係性について話がはずみます

日本人が持っている(築き上げてきた?)特有の夫婦関係からくる

家事に対する負担や固定概念。

 

根付いてしまっている意識に原因がある事には違いないのですが

それが男性側だけの責任ではない事

もちろん、女性側だけの責任でも事

 

男性がそれを作り上げた要因もあれば

女性にも要因がある事も理解できました。

 

そして、妻の家事負担の大きい事をただグチるのではなく

少しづつ変化させる事で、ストレスのない新しい生活様式にする事ができそうな

希望が見えて、少し心が軽くなる時間となりました。

わたしも「西村家の夫婦と家事の話」も少しさせていただきました。
わたしも「西村家の夫婦と家事の話」も少しさせていただきました。

家事分担改善の道のりは長いけど「楽しく工夫して」共に進む

毎日毎日の家事は休むことなく24時間営業。

暮らしていれば必ず必要になるけれど、軽く見られがちな「家事」

自分の家庭から少しづつ変化させて

新しい時代のパートナーのあり方に近づきたいものです。

 

今回のお茶会イベントを開催してみて、やはりこんな風に

「お互いの事を話す場所がある事」の大切さを実感しました。

ご参加いただいた皆さんにも喜んでもらえて

SmileLife(スマイルライフ)スタジオにとって最高のスタートが切れました。

お茶会のお供は美味しいプリン

お茶会なので、甘いものは欠かせません(笑)

という事で、今回は「きのゑ」さんのプリンが話のお供でした。

山秀のSmileLife(スマイルライフ)スタジオでは今後もイベント満載です。

ナイフの専門店が開設したキッチンスタジオ

SmileLife(スマイルライフ)スタジオでは今後も様々なイベントを計画しています。

気になる内容のイベントがありましたら、ぜひご参加くださいね。

お待ちしております。