· 

美濃市の天王山で大パノラマを満喫!約1時間で登れますよ!

新緑の季節はアウトドアを楽しみたいですよね。

自然に囲まれた岐阜県。

山秀のある関市やお隣の美濃市周辺には気軽に楽しめる

日帰り登山スポットがたくさんあります。

今回はそんなお勧めの山の一つをご紹介。

登山口から約1時間で登れる美濃市の天王山

天王山の登山口は紅葉の名所「大矢田神社」

天王山へは岐阜県美濃市大矢田にある

大矢田神社から登る事ができます。

 

 

県道94号線、長良川百日紅街道の東端交差点から参道を車で進めば

迷うことなく鳥居と山門にたどり着くことが出来ます。

駐車場は鳥居と山門を左手に見ながら進んだ先の道沿い

平日の午前中でしたが既に3台ほど車が停まっていました。

立派な山門には仁王像も祀られています。

(仁王像の写真は撮り忘れました)

山門をくぐった左側にはトイレもありますので

忘れずに寄って、安心して登りましょう。

10:30 華堂神社出発

今回は駐車場のすぐ脇にある華堂神社をコースタイムのスタートとします。

車止めの脇を抜け、いよいよ登り始めです。

まずは、大矢田神社の本堂を目指します。

左は階段、右は舗装された坂道、往路は左の階段を選択します。

段数は数えませんでしたが、かなりの段数。

登り始めの体調確認や足支度のチェックをしながら登りましょう。

運動不足だと、すでにココで息が上がります(笑)

10:40 大矢田神社本堂

慌てずにゆっくりと本堂到着、お参りをして入山です。

本堂の右裏手が登山口。

案内看板によると、山頂までは1200mですから

距離としてはそれほど長くはありませんが、油断は禁物です。

登山道に入った瞬間に

「熊出没注意」の看板、心して進みましょう。

天王山登山の前半戦は沢づたいの登山道です。

滝も多く、川の音とマイナスイオンに包まれて登ります。

大矢田神社は秋には紅葉の名所として多くの人が訪れます。

もちろん新緑の季節のモミジも美しく

緑を眺めながら気持ちよく登れます。

 

とは言え、沢筋なので足元は石がゴツゴツしていますから

足元には注意。

 

気軽に登れる山ではありますが、靴はしっかりとした物を選んでくださいね。

この日は良く晴れていましたが

木々に囲まれているので暑くもなく登りやすいコンデイション。

それでも、水分補給はこまめにとって。

ところどころに小さな沢超えやロープ場があります。

適度なアクテビティで「登山してる感」も増しますね。

11:05 沢から離れて登りがキツくなる手前のポイント(休憩1)

ここまでの沢づたいの道も結構な登りでしたが

ここからまたキツくなります。

一息ついて臨みましょう。

11:15 大もみじ(休憩2)

約10分、しっかり登ると「大もみじ」に到着。

登山道は整備させていて歩きやすいですが

ひたすら登る区間が続きますので一旦休憩。

ここから大もみじを左に巻くように進んでさらに登ります。

11:30 木々の間から町が見えるポイント(休憩3)

大もみじを過ぎてからも、しっかりとした登りが続きます。

木々の間が少し開けて町が見えるポイントで一瞬休憩。

少し進むと頭上が開けて来て山頂が近い事を感じます。

登山道の足元の様子にも少し変化がありますね。

目前に大きな岩が現れたら、尾根のスグ手前。

急な登りも終わりです。

天王山山頂と御手洗登山口の分岐看板

山頂はスグそこです。

山頂手前の展望スポットを通過。

(今回は復路にここで昼食をとりました)

11:35 天王山(標高538m)山頂到着

山頂は一気に開けて大パノラマが待っています。

約1時間の登山でこの景色を見る事ができるのは嬉しいですね!

おだやかな天気の中、山頂をまったり散策して

復路は山頂から少し下った展望ポイントで昼食をとり

 

12:25に下山開始。

 

急こう配を下るので、復路も注意が必要ですが

行きとは打って変わって下山は早く

40分で本堂まで下りてこれました。

12:05 大矢田神社本堂

急こう配を下ってきたので、足もガクガク

そして待ち受けるのは本堂からの階段です。

復路は階段を回避して、舗装された坂道から駐車場へ戻りました。

13:15 駐車場着

天王山は日帰り登山の満足度が高い良い山です

ゆっくり登って、お昼も食べて下山してきても

全行程が約3時間と無理なく登れる天王山。

 

適度な険しさもあり、沢筋を登る気持ちよさもあり

とても満足度の高い良い山です。

今度は紅葉の季節にもチャレンジしてみたいですね。

美濃市の天王山:日帰り登山コースタイム

10:30 華堂神社出発

10:40 大矢田神社本堂

11:05 沢から別れるポイント(休憩1)

11:15 大もみじ(休憩2)

11:30 木のあいだから町が見える(休憩3)

11:35 天王山(標高538m)山頂

12:00 手前の展望ポイントで昼食

12:25 下山開始

12:40 大もみじ

12:45 沢から別れるポイント

13:05 大矢田神社本堂

13:15 駐車場


日帰り登山にピッタリのナイフ

気軽に楽しめる日帰り登山にオススメのナイフはコチラ

スパイダルコ LYLP3 レディバグ3 ソルト

 

車の鍵と同じくらい小さく持ち運びに便利なので様々なアウトドアシーンで活躍する

「キーチェーン・サイズ」のナイフです。

カラビナやキーホルダーに付けておけば重宝しますよ。

錆にも強く、ハンドルは軽くて丈夫で汚れも取れやすいので登山向きです。